セラピストmihoの ほっとする空間


by Lumierearoma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

安いほうがいい!?

今日は雨ですね~

雨の日には、どばっとやらなきゃいけないことを整理して、お昼寝でもしたいですね^^


さて、みなさんは 安いものに一番目がいきますか!?

セール、キャンペーンという言葉に心がはやりますか!?


例えば、10円の目玉商品の玉子と 198円の玉子が二つ隣り合わせだったとします。

私は・・・

いつもの198円のものと全く同じ商品が、特別に10円であったなら興味をもつかもしれません。

でも、あまりに安いものには、それなりの理由があると思うので、安易に買うことはできません。

もちろん安いに越したことはないけれど、体に影響を与えるかもしれないものを手に取るより

安心できる商品を体に取り入れたいと考えます。

あっ でも、衣類など高いものには手が届きませんので 安いものに目がいきますが。



先日、毎週末二時間半かけて 九十九里まで農業をしに行っている義理の父がこう言ってました。

俺たちは、おまえらに本当にいいものを知ってもらいたい

「大量生産で、農薬や化学薬品を使って安く売ることがいいわけではない」

「そりゃ週末にしか行けないんだから、面倒みきれなくて 大きくなったものもあれば、小さいものもある。変な
形してるものだってあるよ。」

「でも、家族であるおまえたちだけでも 太陽をふんだんに浴びた 農薬も一切使ってない本物をたべてもらいたいんだ」

「虫がみんな美味しいから食べにくるんだよ。」「葉っぱなんか、一番栄養があるから虫がみんな食べちまうんだ!」

「それでも、いいんだよ。」

「だから、農家の人が一生懸命育てた野菜を、形が良くないからといって捨てるのではなく、その苦労を感謝の値段で買ってあげなさい。」と・・・


いつも小言の多い義父が、必死で話しているその姿に、うんうんとうなずいていました。


最初の頃は、週末になると大量にいただく野菜が消費しきれなくて

「こんなにいっぱいもらっても食べきれないよ~」と 少しうんざりしながら、友人に分けていたものです。

実母にそれを分けると、「泥がいっぱいついてるし、皮をむくのも

大変だから 冷凍のものを買ったほうが楽だ
」というのを聞いて

娘ながらに、なんてひどいことを言うんだろう。。。とおもいました。


母からすれば、体がつらいし父と二人だから簡単なものでいいんだということでした。

嗅覚も全く効かなくなったので、味がわからなくなってる。


それから私は考えるようになりました。

あ~ 本当に美味しいものを食さないで、出来合いのものや加工品ばかり食べていると 

味が分からなくなったり、体は弱っていくんだな~と。


あるとき 義父がこう言いました。

「このかぼちゃは、一個4000円するんだよ!」

「車の高速代や肥料なんかを全部計算したら、そのくらいの値段だよ。」

冗談交じりに言ったそのひとことは 私に衝撃をあたえました。

義父が作る野菜や果物は、本当に味が濃くて、栄養価が高いのです。

それだけのお金をかけてでも、家族にいいものを食べて欲しい。

それが 農家で育った父の願いだそうです。

ありがたい☆


それからは、栄養いっぱいの味の濃い野菜や果物を、いっぱい食べよう!とおもいました。

食べきれないときは、ジュースにしたり、もちろん友人にも分けてあげたいですし、泥が付いていたり

形がさまざまで申し訳ないけれど、なんとかして色んな料理に使ってほしいです。


先日は、祖母の一周忌で千倉にいき、家に生っていた夏みかんのようなものを20個くらいもらってきました。

みんなは酸っぱくて食べられないんだと言って、誰も見向きもしませんでした。


私はせっかくハシゴで採ってくれた義父に申し訳ないなと、全部持ってかえりました。

確かに食べたら酸っぱい。 でも食べられなくない。

しかも無農薬で気候の暖かい千倉で自然に育ったみかんだもの。

こりゃあ活用しないともったいない!

そう思い 大きくなったアロエもたくさんとって、

自宅でアロエとみかんのリキュール
f0142558_105128100.jpg


ジャム
f0142558_10515285.jpg


砂糖を入れてジュースにしました。
f0142558_10521050.jpg


リキュールなどの余った皮は お風呂に入れて みかん湯に。

子供も喜び 楽しい入浴ができました。


娘は毎週末 義父義母と一緒に畑を走り回っています。

自然の中で遊ぶことは、きっとピカイチになるだろうな☆

真っ黒に汚れた靴も、洋服も 私の見てない間であれば、「ちょっと汚れるよ!」とか

「危ないよ!」なんて 神経使う心配しなくていいから 本人ものびのび遊べるでしょう。


畑に遊びに来るちょうちょも 虫も、カエルだってへちゃら。

頼もしい娘になりそうです。

都会にいたらできない経験を いっぱいしてほしい。


話はそれましたが、本当に価値のあるものに目を向けずに、形の揃ったもの

同じものを求める社会になってしまったのは残念です。


スーパーに売っている味の薄いトマトや野菜に慣れてしまった私たち。。。


何でも揃っているスーパーへ出向いてしまうけれど、私も含めて

ひっそりとやっている八百屋さんに足を運んでみましょう。


売れなくて、残っている可愛そうな野菜たち。。。

採れたての野菜には目を向けるけど。。。

一生懸命作った農家の方の気持ちも考えて、少しくらい時間が経っていても、買ってあげよう。


ありがとう!の感謝をこめて。


長くなりました。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます♪

健康でより良い社会でありますように☆
by lumierearoma | 2009-03-06 10:49 | 健康