セラピストmihoの ほっとする空間


by Lumierearoma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

セミナー

本日JAA日本アロマコーディネーター協会主催、「SOME」(環境保護と困窮者支援団体)のチャリティーセミナーへ行ってきました。

①アルツハイマーと精油について
2030年には10人に一人が65歳以上とされる日本で、介護を必要とされる方が353万人に増えると予想されています。
脳の中にある、海馬と扁桃体が、香りを嗅ぐことで刺激され、痴呆を予防できたり、女性はエストロゲン作用のある精油を嗅ぐことで、関節症にもいいとのことでした。
また、アルツハイマーと嗅覚は非常に関係があるそうです。
アルツハイマーの患者さんに嗅覚テストをしてみると、嗅覚能力が低いとのことでした。
私の母もここ数年全く匂いが分からず、パーキンソン症候群と診断されましたが、きっと脳内物質のどこかに異常がみられ、判断能力が鈍っているのではないかと思われます。
でも、最近の研究では、脳の神経細胞は1秒に1個のペースで死んでいくそうですが、海馬は新しく生まれ変わるということが明らかになりました。
環境の違いで海馬の大きさは変化し、刺激を入れないと小さくなるそうです。
香りを嗅ぐ事で、その成分は脳細胞の中にまでいきわたり、アセチルコリンを分解しようとするコリンエステラーゼを阻害するというビックリな結果までわかり、先生自身も驚いたそうです。
それと、安保徹先生の本「免疫革命」に、女性の死亡率上位の乳癌の予防で、おっぱいを毎日5分マッサージするといいと本に書いてあったそうですが、今日の先生の個人的な見解では、アロマオイルを使えば2分でいいと思うとおっしゃってました。乳腺炎も同じです。
香りってすごいな~と改めて実感し、益々アロマセラピーを一生大事にしていこうとおもいました。

②「パフュームコンテスト」でグランプリをとられた先生のお話「パフューム」という映画を記念してコンテストがあり、100%天然の抽出物をブレンドして作った応募者の中から、グランプリをとられ、賞金としてフランスの香水作りで有名な「グラース」を訪ねられました。
現在のフランスのアロマ事情やその方の作られたパフュームの香りを嗅がせて頂きました。
私は香水には全く興味がありませんでしたが、その方も同じだそうです。でも自分の好きな香りを嗅ぐことによって脳を刺激したり精油の成分が働きかけてくれるというのは素晴しいことです。
グラースで香水作りをしている方々は、肺がとても綺麗だという研究結果もあるとんことでした。
フランスでは、内服するので、オーガニックにこだわった精油を使いますが、その方の扱っているフローラム社の精油は私も使っている大好きな香りでした。
その方も自宅でスクールをされていて、来られている73歳の方が、腰が痛いらしいのですが、お教室に来た後は、いつも腰の痛みがないと驚かれていたようです。
これもアロマのおかげですとお話されていました。

③ツボストレッチ
先生によるツボを刺激しながらのストレッチと、体操でした。
ストレッチにより血行を促し、体に溜まった老廃物を取り除いていきました。

④浅瀬蘭さんのメディテーションライブ
メディテーション:呼吸と意識によって本来の自分を取り戻し、酸素を沢山取り入れて、脳を活性化させる

この曲を聴いて、免疫学の安保先生を驚かせたといいます。
実際不眠症の患者さんがよく眠れたというご報告もあるようです。
ご自分で作曲されたシンセサイザーや自然の音を取り入れ、ギターを使っての生ライブでした。
目を閉じて聞いてみると、すごい!とゆう感じでした。
始めに呼吸に意識を傾け、だんだんと力を抜いていき、宇宙との一体感をイメージしていきました。以前私がスポーツクラブで行なっていたストレッチでもこのような言葉がけにより、最後は半分以上の方が眠っていました。
音楽をい聴きながら、心の中が隅々まで洗われていくようで、大好きな自然に自分がいることをイメージしてみると、何ともいえない心地よさと同時に涙がでそうになりました。
突然ぐずる赤ちゃんにこの音楽を聞かせたら、穏やかになったそうです。
ヒーリング音楽を探していたので、ちょうどいいなと2枚買って帰りました。
帰って娘と一緒に「いい曲だね~」と言い合いながら聴きました。

そんなわけで、今日は特別有意義な時間を過ごせて、来てよかったなと実感した1日です。
by lumierearoma | 2007-09-25 01:59 | アロマ