セラピストmihoの ほっとする空間


by Lumierearoma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

デトックス

最近は行なっているアロマトリートメントに加えて、500円追加で温熱療法をつけています。
昨日は生姜とびわの葉で背中とお腹に温熱をしました。
体が芯から温まって、気持ちいいんです。
昨日はトリートメントオイルにヴェチバージュニパーを入れて更に体の中に溜まっている毒素を排泄するように施していきました。

その方は、花粉症ホルモンバランスも少し崩れていたので、経絡に沿ってオイルで流していきました。
またじんましんもよく出るとおっしゃっていたので、施術していったところ特に胃腸と腎臓周辺がお疲れの様子でした。
内臓にストレスがかかってしまっている状態が考えられるので、お酒と乳製品、油を控えめにすることを提案したところ、親子丼を食べるとじんましんが必ず出るとのことでした。

そこで子供の頃、鶏のから揚げを沢山食べて、救急車で運ばれたということを思い出しておられました。

きっとそれで体が反応しちゃうんじゃないですか?とお話。
鶏肉は大好きでよく食べるそうです。
卵も日常の食事にはよく入っているし、親子で食べると特に脳が昔の記憶を覚えていて、「イヤだ~!入れないで~!」と抵抗してるのかもしれません。

本人は、それ以来特に食べても問題なかったけれど、大人になってから出てきた。とおっしゃってました。

「アロマでも勉強したように、子供の頃に体が拒否反応をしめしていたことを脳が記憶していて、その後だいぶ経ってから体に現われることはあるんですよ」とお話しました。

人間の体って不思議ですが、もう大丈夫なはずでも1度そのようなことが起きると、痛みや嫌な記憶がストックされて、反応してしまうことはあるそうです。

だから病は気から。というように、痛みが痛みを呼んだりしてしまうんですね。

昨日の話で私自身も再度確認できたように思います。
by lumierearoma | 2008-03-10 10:15 | 日常