セラピストmihoの ほっとする空間


by Lumierearoma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

がんに対する民間療法

今日は、友人からの質問で、肺がんに対する民間療法です。

まずレモンを毎日 水に2、3滴たらして飲むだけでも 進行を抑制すると以前セミナーで先生がおっしゃっていました。

あるドクターのサイトでは、レモン3000個がガン細胞を減らすとあって、超高濃度ビタミン点滴療法を行っていたら、腫瘍マーカーが正常になったとの報告がありました。

それまで、抗がん剤治療で疲れ果ててた患者さんが、元気になり 抗がん治療を延期することになったそうです。


また、レモングラスがガンを抑制。

タイではトムヤムクンにレモングラスをすりつぶして食べている為か、ガンになる率が低いとか。
こちらでは、レモングラスの葉ではなく 根元部分の柔らかいところを使っているそうです。


その他ガンを防ぐ食品


いずれにしましても、抗がん剤投与の日々がつらくなって、どうにかしたい!と本人も家族もおもいますよね。

そんな時、身近にいる人が できることをしてあげればいいとおもいます。

本人の気持ちも楽になりますし、マッサージして身体をほぐしてあげることも緊張や精神的なものから開放されて、気持ちも良いほうへと繋がっていくのではないでしょうか。



以下は民間療法の本に載っていた部分を引用しています。


病気の特徴はインスタントや人工添加物、砂糖、肉、精白食品の過食が関係してます。


食養の基本は玄米の重湯かスープ、玄米ごはん、はとむぎ、そばを主食にします。副食は根菜類、海草、野草、ゴマを使い、肉類や添加物入りの加工食品は一切避けます。

重湯、スープから徐々にごはんにして よく噛んで食べます。


栄養をとるつもりで肉や卵などの動物食品を食べると内蔵に負担をかけて毒素を溜め、がん細胞を元気付けてしまうので、ガンが急速に増えて悪化します。精白、漂白した穀類や甘いもの、酒タバコはガン細胞の栄養になります。

やはり温熱・温灸には 肝臓・腎臓にびわの葉、また生姜、こんにゃく、芋パスタを使った湿布がいいようです。

肺ガンには、温灸で大腸愈、肺愈、心愈が効くほか、首下の大椎、肩井、風池、ひじ内側の尺沢、曲池、胸部のダン中周辺を刺激すると◎

ツボ押してあげるのも 痛みの緩和になるでしょう。



昨年、今年と 立て続けに 私のおじ・おばが肺がんで亡くなりました。


彼らは煙草も吸わず、お酒も飲まず、3年前に会った時には ガンとは知らずいたって元気でした。


子供がいない夫婦だったので、旅行や美味しいものを食べ歩くのが趣味でした。


おばは、自宅での食品添加物にも気をつけていると言っていました。


それが、翌年おじのガンが見つかり、亡くなってからおばのガンが見つかり、二人とも一年足らずでこの世を去っていったのです。


北海道に住んでいたため、結局2年間会わずじまいでした。


自宅では気をつけていたけれど、美味しいものをたくさん食べあるいて、食生活にも影響がなかったとはいえません。


寂しくも悲しくも、おじ・おばに良くしていただいたことを忘れずに、これからも健康に対する研究を続けていきたいと思います。


そして 身近にいる人たちへできることをしていきます。









人気ブログランキングへ

いつもご覧いただきありがとうございます☆

こちらの日記を読まれて 共感されましたら、
1クリックしていただけると嬉しいです♪ (1日1クリックでポイント加算されます)
今後とも応援 よろしくおねがいします。


by lumierearoma | 2008-11-12 02:15 | 健康