セラピストmihoの ほっとする空間


by Lumierearoma

2009年 11月 10日 ( 1 )

正しい姿勢とは

ダンスに限らず、日常生活においても姿勢は大事です。

姿勢よく!
というと、ほとんどの方が背中を反らせてぐっと息を止めてしまうかのような
緊張がみられます。
でも実際には、できるだけ力を抜いて、リラックスした状態で高い姿勢を
保ちたいですよね072.gif

気の流れもスムーズになりますし、筋肉も無駄な緊張がとれて
内臓を圧迫したりしないからです。

血液の循環が悪くなる原因はさまざまですが
簡単に日常生活で流れを良くするには、やはり呼吸・ストレッチ・姿勢です。
ストレスが溜まると、体が緊張し~血液やリンパの流れる管が筋肉に
圧迫されて細くなります。
これが冷えと関係してきます。

冷えて循環がスムーズでない状態は、身体にさまざまな症状を
もたらすといわれていますよね。


普段きている生徒さんの写真ですが、この方は7年という歳月を経て
心臓病を克服して、不安から解消されました。
ダンスが大好きだけれど、それ以上に呼吸法やストレッチの重要性
常に発しています。

だから、家でもほんの5分でもいいから意識することを
心がけているそうです。


これはダンス上達の為の身体作りですが
正しい姿勢になったときには、呼吸もしやすいし
何よりも身体が楽だそうです。
先日のレッスン中に撮った一枚目。

このときはまだ少し背中を
反らせていて 余分な緊張状態にあります。
若干前傾姿勢なのがわかりますね。
f0142558_1229194.jpg


坐骨の上に背骨をのせていくように意識をしてみました。
f0142558_12301627.jpg


次に首の後ろが長くなるように意識しながら
息を吐いて肋骨をとじました。
f0142558_12302988.jpg


首を横へ回します。
少し右肩が付いていってしまいますね。
f0142558_12305288.jpg


今度は仙骨から胸骨までの軸をぶらさないように
肩の位置を保って回します。
f0142558_1231437.jpg


今度は息を吸いながら肋骨を360℃広げて胸を上に上げて
顎をひきながら肋骨を閉じ 息を吐きます。
一段とスリムに見えるのがわかるでしょうか。
f0142558_12311621.jpg



手を添えていきます。
胸と肩甲骨の両方を縮めないように 空間をたっぷりと使って。
f0142558_12314011.jpg



ソシアルのモダンの姿勢です。
腰を軽く落とした状態で、最大限に可動範囲を広げています。
f0142558_12315555.jpg



ストレッチや呼吸法、操体法などのボディワークを続けながら
日々この訓練を実践していくことが重要ですが
実は上手くなりたいからとダンスの練習ばかりをするよりも
イメージをし続けることの方が よっぽど効果があると思います。

それと同時に身体を柔軟にしていくことですね。
そうすれば、心も柔軟になって くだらない情報にとらわれたり
こだわりがなくなってくると思いますよ。

これはダンスをしていない方でも同じことだと思います。
by lumierearoma | 2009-11-10 12:32 | 健康