セラピストmihoの ほっとする空間


by Lumierearoma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

テーピングで固定していたら、足のほうは大分よくなりました。


最近焼酎を飲んでるせいもあるかしら? 

このところ ハイサワー好きで♪ 夏だしレモンがきいてて美味しいの☆

焼酎は関節にくるってわかってるのに~。

何故だかわかりませんが、私は焼酎を飲むと関節が腫れます。
だからずっと避けてました。

じゃあ飲むなって話ですが。。。美味しいんだもん。


今日は、初めて砂浴合宿に参加してくれた方が 横浜からきます。

その方は整体の学校でリフレクソロジーを教えてるそうです。

一ヶ月ちょっと会ってないので お子様連れで楽しみ☆

たった一ヶ月ちょっと!?

そう思えないくらい、私にとっては長かった静養期間だわ。。。


昨日はいつも来ている生徒さんで、更なるステップアップを
目標にかかげていて 日々研究し続けている素晴しい方だし。


私って周りの人に恵まれてるんだな~。


ゆっくりする時間があって、骨折でもしなきゃ気づかないことたくさんあって
それは必要なことだったけど
やっぱり仕事してるのが好きです053.gif

休みモードだと、いらぬことまで考えてしまって。。。

仕事モードになると、痛みも消えてるから不思議です。

どちらにしても 走り始めたら止まらない私を 神様が止めてくれたんでしょうかね。(苦笑)
by lumierearoma | 2009-08-30 07:56 | 日常

危機!?

砂浴から帰って、足首周りの腫れもひいてたんですが、
骨折していない軸足を使いすぎたのかな?
と思うような踝付近の痛みが続いています。


どうやらこれはまずいかもです。。。

リウマチだったらどうしよう・・・


以前から 使いすぎると足首や膝にも痛みは出ていましたが
治まっていました。

足の指から痛みが始まる人もいるみたいですし、
これはちょっと困りました。

朝の手のこわばりには慣れてしまったけれど
歩けなくなったらどうしようか。

踊れなくなったら。。。

ヨガも無理かな~?

などと、余計なことを考えてしまいます。


今までは落ち着いていて、治まっていても
突然症状が急激に出てくる場合もあるしね。



一昨日世界仰天ニュースで、ある男性の再現Vをみていました。

高校生の頃に岩肌で遊んでいて、
突然崩れ落ちた岩に足を挟んで、救助が困難を期し
その場での切断を余儀なくされたのです。

いたそ~!


彼は 大好きなバレーボールができなくなることが 悔しかったようですが
必死でリハビリを続け 一年後に義足で大会に出場することができました。

そして、今では学校のバレー部顧問になっているそうです。


そのVをみていたら、やろうと思えばできるとも思ったし
意欲、気持ちの差なのかなと感じました。


彼のすごいところは、岩肌に誘った友人たちが初めてお見舞いに来たときに
第一声で「ありがとな、助けを呼んでくれて」と言ったところ。。。


他の友人は助かって、自分だけ動けずに切断するしかなかった
辛い状況の直後に、向き合って素直にそれが言えるなんてすごいなと。

そんな高校生だったから、夢をあきらめなかったんでしょうね。


心のもち方って大事ですね。




もしうまく歩けなくなったら、私はどんな道を歩んでいくのかな?


でも、人を助ける、役に立てる仕事はしたいな。
大げさだけど、手も足も動かなくなったとしても
会話はできるし相談にはのれるものね。


どんな状況においても、精一杯生きるしかないです。


いき急いでいるかもしれませんが、手足を自由に使える今
できる限りいろんなところに出向きたいし
いまを大事にしたいと思います。

人は苦難に陥ったときでも、それを乗り越えられる強さを
身につけられるよう、流れにまかせつつ 感謝をしていきたいですね。
by lumierearoma | 2009-08-28 22:29 | 日常

レッスン再開

こんにちは。

一部レッスンはすでに行っていますが、ヨガクラスも先週より再開しておりますので

ご希望の方はご予約ください。


また、トリートメントに関しましても、一部受け付けております。

よろしくお願いいたします072.gif
by lumierearoma | 2009-08-26 10:38 | yoga

なんとなくな日常

こんにちは003.gif

もうすぐ8月も末ですね。

夏らしい夏!を知らない間に、夏が終わろうとしています。

とはいっても、花火は三回観たし~ プールは行ったし~
やることやってるんだわ。。。

骨折してはや一ヶ月。

骨の位置は元に戻ったようで、あとはくっつくのに一ヶ月くらいかかるそうです。

すごいですね。人間の回復力って。


それにしても 人生初の松葉杖に車椅子まで体験。

雨の日に調剤薬局で滑って転び、先日はエスカレーターを下りて滑って転び
車椅子で押してもらいました。

この休暇のおかげで、整理されていなかったことが少しづつ整理され
自分を見つめなおすいい機会となりました。

大きな夢がいったいどこに向かっているのかわからなくなってきて
動ける自分と 動けない自分に葛藤して
もっともっとと焦る自分と まだまだこれから という私がいます。

リウマチが良くなったといっても 無理をすると関節を痛めてしまうから
困っちゃうよね。



いま すごくくすぶっています。

もっと前にこうしていたら。。。
もっと前に気づいていたら。。。

今の自分は好きなの?

う~ん
これが私だからね。

今気づかされること、大事にして 自分をもっと好きになろうとおもいます。
by lumierearoma | 2009-08-25 12:19 | 日常

過酷な自分との闘い②

タイトル①の過酷な闘いから数日。

昨日は生徒さんと一緒に
ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」
観にいきましたよ~。

始まる前から私達は盛り上がり、母と同年代のお母さんとは思えぬ
若さとオシャレでセンス抜群のAさんは
ダンスについて語っていました。


「やはり先生、プロでも努力が必要なんですね」

「みんな葛藤したり苦しんでるんですね」

「芸術を追求するのは、孤独な自分との闘いですよ!」って。

本気でダンスを追及するAさんは、

子供の頃から心臓が悪くて、いつ死ぬかわからない恐怖と
戦いながら生きてきたとよく口にする。

仕事も忙しい合間をぬって、ダンスに(自分自身の限界に)挑戦している。

一流のトップダンサーに負けず劣らず鍛えている。

私とやっているストレッチや呼吸法 身体作りのおかげで、

心臓が楽になった~と生きてる喜びを感じるんだって。


家族があろうと、ダンスでパートナーと踊るにせよ、
真髄を追求するのは自分自身でしかない。



人間は孤独だと。




もちろんその影には 沢山の支えがあって私達は生かされているのですが。


苦しくて立ち止まったときでも、基本さえしっかりしていれば、
例え揺らいだとしても、まっすぐ突き進んでいくしかないと。。。



いろんな想いが胸にいっぱい詰まっていて、
Aさんは私の前で 涙をぽろっと流しました。


人生の大先輩で、尊敬するAさん。

私の大好きなAさんは、時に生徒であり、時に自分に厳しく

私にもいろんなことを教えてくれ、時に寄りかかってくれる。


Aさん、私なんてAさんからみたら ひよっこだよ~。




彼女と人生のこと、芸術についてを話し出すと止まらない!

そんな彼女が大好きです♪




そして、ミュージカルが始まり、春に映画館で観た「コーラスライン」を
思い出し、キャストは違うけれど 内容を深く感じ取れて
とにかく良かった♪

キャシー役の踊りがお上手だった。

こないだの映画の人はちょっと動きが硬かったかなと想ったけど。


それぞれの役柄にはまったみなさん。

こういう世界はただ綺麗なだけでは 審査員に見抜かれてしまう世界。

それぞれに得意不得意があるように、求めている役柄もみんな違う。




この作品は、ダンサーがブロードウェイという夢に向かって進む中で、

幼少時代からの それぞれの環境や

痛み、苦しみなどをドキュメンタリーとして作った最高傑作です。


途中のセリフにうるっときたり

最後の感動のラストシーンでのコーラスラインは、とにかく感動!!!!

涙がドバドバと溢れてしまいそうで、こらえてしまったわ(笑)

拍手が鳴り止まず、アンコールを期待したけど
 
出てこなかった。

手が痛くなるほど大きな拍手で、待っていたのに。。。

ざんね~ん。

もう一回観たかった!



日本人で唯一3000人のオーディションの中から選ばれた
沖縄出身の高良結香さんが、出演しているかと楽しみにしていました。


が、しかし出演していなくて 少し残念に想いながら、ゆっくりとドアを出て歩いていると
外人さんのダンサーらしき人が女性のところに行きました。


(あっ 結香さんだ!)


真っ赤なドレスを着て壁際に立っているのに、誰も目にとめずに
混雑するロビーをスタスタと歩いていた。


私は興奮気味に 「ゆかさんですか!?」と声をかけた。


今日の演技が観れるかと楽しみにしていたことを伝えると

今は 「赤坂の「RENT」に出ているので観に来てください」

と応えてくれた。

f0142558_16194113.jpg



記念に写真を撮ってもっていると

どんどん人だかりが増え、私達のあとは写真やサインで混雑していた。


お話できてよかった~016.gif


結香さんは、ブロードウェイにいる他の舞台女優とは違い
ちっちゃくて、でも筋肉もがっちりしていて、
整っているわけではないのに、すごい輝いてる072.gif

笑顔がたまらなくキュート☆


会場をでてからAさんと

「つまらないことで くよくよしてちゃいかんね」

「たまにはこうゆうの観て 勇気と感動をいただかないと!」

と興奮冷めやらぬ中、お話しながら帰ってきました。



夢を諦めないで突き進むには、

捨てるものもたくさんあって

それは他人には理解しにくいこと。


自分を傷つけたり 人を傷つけたりしながらも

必死で足を踏ん張っていれば 本当にやりたいこと

願いは叶うのだ。

そして きっといつかわかってくれる日が来る。


そんな全力で今を走り続けている人たちをみて

私もがんばらなきゃ!と改めて想った。


高良結香さんの魅力について応えていた 宮本亜門さんの言葉

「結香にとって『白人を越えて表現する』というのはどうでもいいの。あるひとつのレールに乗っていくのではなくて、ただ、歌が好きだ、私は私さっていうのがぽーんとある。だから舞台の輝きが違うの。同じブロードウェイの流れに入るんじゃなく『結香は結香』っていうのが彼女のすごさ。だからこそ光るんですよね。舞台の上でも。『私は来たお客さんを楽しませたいの。私も楽しいし』というところで、ばーんとぶつかっていけるわけですよ。(中略)だから、アメリカでも、彼女はこれだけ愛されるの。稽古場でも。ほんとに愛されるの。で、稽古場が楽しくなる、劇場が楽しくなる。お客さんも喜ぶ。こういう人がどんどん出てくればいいと思っている」


私は私でいいんだよね。


彼女のダンスワークショップが今度の日曜に開催されるって。

行きたかった~。



 高良結香さんオフィシャルサイト
by lumierearoma | 2009-08-21 16:11 | 芸術

過酷な自分との闘い①

骨折くらいどうってことはなかったのに。。。

やはり思うようにできないと イライラしたり、逆に頭を整理できるいい機会でもあったり。

どちらにしても 人生ってなるように成る。

流れに背かずに、自分の心の声を素直に感じとること。

それっきゃない!


あーだこーだと不満を言ってると、深みにはまって自分を見失う。


周りの人に支えられ 閉ざされかけた

見えない出口から息を吹き返した。



先日知り合いの方が(一度しか会ってないけど) 写真展を行うというので
行くことにしました。

サハラマラソンで撮った写真というので、惹き付けられるように
向かいました。

その日会う予定だった仲間も引き連れて みんなで六本木でランチ。

美味しいインドカレーにランチビールを飲んで
砂浴合宿の報告をしました。




ギャラリーバーは、そこから5分ほどのところ。

昼間はカフェになっています。

入っていくと、カウンターや壁に 砂漠の風景が。
f0142558_143578.jpg



サハラ砂漠 7日間で245キロを完走するという過酷なレース。
f0142558_14352427.jpg




昼間は暑く 夜は寒いという状況下で、死にも直面する危険性のある
このレースで、かれはさまざまなことを想い、無心にもなっただろう。
f0142558_1435458.jpg



たけたけさんは、数々のマラソンに挑戦しているそうです。
f0142558_143619.jpg



夢を諦めない! 自分との闘い。

7日分の荷物を背負って歩くだけでも大変なことだと想います。

写真の最後には、レース中に靴ずれをおこして 血だらけの足がありました。


水も計算して飲まないといけない。

これを飲んだら明日の分がなくなる。。。  など。


その過酷で苦しいレースの末に、ご来光をみて感動したり

道に迷ったときに出会った
参加者との会話、コミュニケーション。。。

それらは全て彼の宝となり、自信になることでしょう。



いくつかのレース完走獲得権をいただくと
南極マラソンに参加できるそうです。

10月に参加すると もう獲得できるようです。


彼の目標は、その南極マラソンにでることなんですって。

夢が 間近に迫ってきましたね☆


何度か新聞に掲載されたりして その一部始終を本として出版したいみたい。

いつか現実しそうですね。



歳が1つしか変わらないのに、遠い存在だ~!

すごい!の一言です。

頑張ってください!

応援してますから☆
by lumierearoma | 2009-08-21 14:49 | 自然

療養

先日お医者さんで、全治2~3ヶ月と言われました。

それじゃあゆっくり休んで 少しでも早く治そう☆

こんな機会はなかなかない!
というわけで、白子へ向かいました。

海はお盆で 海水浴客がいっぱい。
f0142558_9414765.jpg



電車とバスを乗り継いで、やっとの思いでたどり着いたので
帽子もレジャーシートも水着だってありません。

汚れてもいいや~と自然に身を任せて。。。


合宿で利用させていただいた民宿に泊まりました。

普段家にいると やらなきゃいけないことや
考えなきゃいけないことが いっぱいあるので
そんなことは忘れてしまえ~とばかりに。

娘と二人で毎日海に向かい、海の家でぼーっと過ごしたり
砂に足を埋めて寝てみたり。。。


松葉杖で海に行く人は きっと私くらいでしょう。

海水浴に来ている人たちは きっとビックリしたでしょうね。

でもそんなことは気にしていられない。
だって必死だったんだもの。


海に入るわけでもなく、貝殻を拾ったり、波打ち際で穴を掘ったりして
ただひたすらぼーっとしていました。


初日に全身砂に埋まってから、うっ血していた腫れがひいてきて
ずいぶん楽になりました。

2日目には、杖をつかなくても 砂浜をゆっくり歩けるようになりました。

かなり慎重に。。。

もちろん包帯で固定してますが、包帯はどろまみれ。



それにしても 砂の効果ってすごい!

民宿で砂浴に来ていたグループの方も おっしゃってました。

ずっと今まで 砂に埋まると重い、きついと感じていたのに
今回初めて 「あれ?砂かかってるのかな?と思うくらい重さを感じなくて
ずっと入っていられた」そうです。

五時間入れたのは新記録!なんておっしゃってました。


とにかく、砂には身体が生まれ変わる要素が沢山ひそんでいる。



娘は他の人が 気遣ってくれているのを見てか
砂浜の足場が悪い場所で

「ママ、危ないからKちゃんの手にしっかりつかまって!」
などと頼もしいことを言ってくれました。


民宿のおばちゃんは、突然の連絡にも快く対応してくれて
「静養しにきてるんだから、他のお客さんはいれないから」
と気遣ってくれました。

もちろん予約されていた方は たくさんいて
私達は離れに泊まったんですが、ゆっくりできないだろうからと
飛び込みのお客様を断っていたみたいで。

二人でひろ~い18畳の部屋を使っていました。


申し訳ないな~と思いながらも、とにかくゆっくりのんびりと
させてもらいました~。

素泊まりでお願いしてたのに、おにぎりを握ってくれたり
子供にジュースを出してくれたり、洗濯物を干してくれたり。


ほんとに至れり尽くせりでした。

おばちゃんのあったかい心が胸にしみました053.gif

あそこにいると、田舎に帰ってきたような安心感があって
ずーっといたかったです。


ちょっと旅行に出かけることはあっても、いつも夕方からとか
日帰りでとかそんなのばっかりだったので。


おかげさまで 足の腫れもほぼひいて 靴は履けないけれど
歩けるようになってきました。


ありがとう! おばちゃん☆


また、今回の怪我でレッスンを受けられない方やお客様には
大変ご迷惑をおかけします。

きっと早めに治ると思いますので、しばらくお待ちくださいね。

但し、都合によってはそろそろ受け入れ可能ですので
お気軽にお問い合わせ、ご連絡くださいますよう
よろしくお願いいたします。
by lumierearoma | 2009-08-16 09:54 | 旅行

写経

今朝は五時ごろ地震がありましたね。

その前からなんとなく目が覚めていて
くだらないことを考えながら眠れずにいました。


考え出したら呼吸も浅くなっていて、無理して寝なくてもいいか・・・

というわけで、成田山新勝寺で買った御写経をしました。


まずは手を洗い、口をすすいで清めてから、
御真言、お経を唱え 

いざ~写経~


下に薄く下書きがあったので、漢字を間違えずにすみました。

筆付きで売っていましたが、残念ながらスズリはあっても
墨汁がなくて 結局筆ペンで。。。

f0142558_12313677.jpg



このところ 怪我をしてから、普段気に止めていなかったことや
雑念が増えていたので、終えた後は少しスッキリしました☆

あと二枚あるので、心乱れたときにとっておきたいと思います。



こんなに長く休める機会もそうないので、
少し大自然のなかでのんびりしたいな~♪
by lumierearoma | 2009-08-11 12:20 | 日常

癒される時間

日帰りで河口湖へ行きました。
たまたまその日は湖上祭をやっているということで、これは行かなくちゃと。。。

富士山をみたい想いもあったけれど、天気予報では曇りのち雨。
午後から雨の予報だったので、どうなるのかなとワクワクしながら出かけることに。

下道を走りながら 段々と夜が明けてきました。

後ろには山の間から 朝日が見えていました。
f0142558_10102626.jpg


四時間で河口湖に到着。
朝の6時半 釣りに出ている人発見。
f0142558_10123122.jpg


旦那と子供が寝てる間に、下に下りていきました。(もちろん松葉杖)

カモや海鳥、スズメにカラスなど、さまざまな鳥がいました。
f0142558_10211494.jpg


f0142558_10222141.jpg


富士山が顔を出してくれた☆ やった~!

f0142558_10231322.jpg


海鳥たちがガーガーと鳴きはじめて 出発です!

f0142558_10234422.jpg

f0142558_10235964.jpg
f0142558_10241337.jpg




可愛いかるがもさん親子がいました。
f0142558_10242771.jpg


お母さんが行きたい方向になかなか子供達がついてこなくて
子供達は違う方向に行ったり。。。

お母さんが何度も振り返り
待ったり 戻って迎えに行ったりしていました。
結局同じところを行っては戻り、行っては戻り。。。

やはり 母親のおもうようにいかないのは 人間だけではないのですね。
ずーっとこの親子のことを見ていたら
だまって見ている母の温かさを しみじみと感じました。
f0142558_10292712.jpg




それから、山中湖の花の都公園へ
お天気もよくなってきて、お花がキレイでした。
f0142558_10351830.jpg


f0142558_10354781.jpg


ここでクラフト作りをしました。

娘はお花飾りや羽、貝やどんぐりを使った自然木の鉛筆を。

私はサロン用の時計を作りました。
f0142558_10392388.jpg





公園内の「幸せになる木」です。
変顔してます^^;
この木の中に入って写真を撮ると幸せになれるとか。
私は残念ながら入れませんでした(^ー^;)
f0142558_104659.jpg


それから 忍野白海でお蕎麦を食べて、お店めぐりをしました。
富士山の雪解け水が60年の歳月をかけて流れているという水が流れていたり
天然記念物の透き通った池や鯉、風車などがありました。

ここの空気はとても澄んでいて、空気も涼しくて居心地が良かった☆

お店のおじさんに、「ここは歩くから車椅子のほうがいいよ!」と言われちゃった。
確かに、旦那も子供もどんどん前に進んで、着いていくのに必死でした。


夜の湖上花火☆
キレイでした~。大スターマインは おぉ~!と歓声が!
上手に撮れてはいませんが、お時間のある方はみてくださいね。

f0142558_10474271.jpg

f0142558_1049463.jpg
f0142558_105001.jpg
f0142558_10501411.jpg
f0142558_10503113.jpg
f0142558_10504743.jpg
f0142558_10511386.jpg
f0142558_10512722.jpg
f0142558_1051394.jpg
f0142558_10515113.jpg

by lumierearoma | 2009-08-08 10:52 | 旅行
昨日は友人に パンパンの足や背中をトリートメントしてもらって
ついでに泊まってもらって 身の回りの世話をしてもらいました。

ぐちゃぐちゃになった部屋を片付け、食器洗いや洗濯などなど・・・

朝は一緒にご飯の支度をしてもらったり、掃除をお願いしたり。


それにしても、タイミングってありますね。

彼女はちょうど仕事がお休みで、こうして手伝いにきてくれて。。。

なんやかんやと周りに支えられて生きてるんだな~と実感します。

今まで率先してやらなかった洗濯も、旦那さまがしてくれていたり。


いつもいっぱいいっぱいで 心が叫んでいたことも
今回でちょっと解消できたかな^^

周りに甘えて楽してる気が。。。



今日はとてもリラックスしていたのか、朝は起きられず
松葉杖で肩関節もちょっと疲労ぎみでした。

起きたのは11時近かったな~。
娘も熟睡していたし。

娘も私の状況をくんでか 遊びに行きたいと泣いていたのに
今日はお絵かき、日本地図や世界地図、プリキュアのパズルで
じっとしてくれていました。

なるようになるのですね。




友人が精神科医で ヴォイスヒーリングや心理療法を色々されている
越智先生という方のCDを持ってきてくれたので
このゆっくりしている間に聞いてみようかなと思います。

内容は イルカの瞑想インナーチャイルドの癒しです。



<インナーチャイルド>という言葉は、アメリカから上陸した心理用語で
「内なる子供」の意味です。
「内なる子供」は 「幼心」のようなもので、自分の本当の感情、気持ち
本音を現します。

自分をきちんと認めて、大切にしている人、自分が大好きな人の
インナーチャイルドは ニコニコ笑顔ではしゃいでいます。

その人の人生も、伸びやかで、楽しくて 人間関係もうまくいきます。
「内なる子供」は感情の象徴だそうです。


一方 自分のことが大嫌いで、自分を否定したり いくら頑張っても
認めなかったり いつも自分の感情を抑圧していると、その人の
インナーチャイルドは すねていたり怒っていたり、泣き叫んでしまいます。

あんまりすねていると 姿を見せないでどこかに閉じこもってしまいます。


<インナーチャイルドの癒しについて>

三歳くらいの子供をイメージして 自分の本当の感情を感じてみてください。
すぐにイメージできる人と、なかなか出てこない方があると思います。
まったく出てこない場合には、「どうしたの?どうしたら出てきてくれるの?
今まで無視してごめんね。今日からあなたのことをちゃんと認めて
大事にするから。」とやさしく語りかけてみてください。

自分のインナーチャイルドを抱きしめて、愛をたくさん送ってあげてください。
必ずその効果がすぐに現れて、今までの難しかった人間関係がうそのように
するりと楽になっていきます。
ぬいぐるみを抱きしめて、自分のインナーチャイルドをイメージして
愛のこもった言葉がけをするのです。

「生まれてきてくれてありがとう!」

「今日まで一生懸命よく頑張ったね!」

これだけで涙がポロポロと出てきて、感情が溢れ出してきます。
そして自分のことが大好きになっていきます。




↑CDカバーより~



これをよんで、事実三歳の子供をみていると喜怒哀楽が素直に出せて
悲しいときには泣き叫び、嬉しいときにはとびきりの笑顔をだします。

そんな子供と過ごしていると、例えば子供がいうことを聞いてくれなかったり
自分がつらいことに直面したときに、母であることから解放されるように
子供に甘えてしまう自分がいたりします。

そんなとき、娘は「大丈夫だよ。Kちゃんがいるからね。。。」
と背中をやさしくトントンして 頭をなでてくれます。

その風景は、きっと母と子が逆転してみえるでしょう。

そう、完全に娘はおねえちゃんになっているのです。

子供の前では絶対に涙を見せてはいけない!という人もいるかと思いますが、
私は 子供と一緒に成長し、あるがままの母であり人間である私を
好きになってほしいなと思っています058.gif


いつの間にか、妻であり母という立場を超えて
抑えていた いや隠れていた本当の自分が押し出されてきて
「あれ?私ってこんなにワガママだったんだ!」と思い知らされることが
あります。


でも それを包み隠さずまではいかなくても、
「ママはそんなこと言われたら悲しいよ」とか
「生まれてきてくれて本当にありがとう!」と子供を抱きしめながら
自分も一緒に抱きしめていることに気がつくのです。

子供にそう言うことによって 
「私もこの子を産んで育てて頑張ってるよね!」
「ママだって一生懸命生きてるよね!」と言っているのです。


最近は麻薬や覚せい剤に手を出す人も多く、一日に90人が
命を絶っているというニュースもありました。

私の住んでる松戸市では、空き巣や車上荒らし、店舗荒らしが絶えず
警察が捜査して逮捕されているのにも関わらず 後をたちません。

月に数百件もの空き巣被害が何年も続いているなんて
金銭的なことだけでなく 心が貧しい人が増えているからではないでしょうか。


この国が平和になるように、ひとり一人が変わらなくてはならない気がします。
by lumierearoma | 2009-08-04 19:47 | 日常